スキル詳細

スキルについて

今回はスキルを購入して習得するのではなく、キャラクターが勝手に覚えていきます。
相反性があるため、全てのスキルを修得することはできません。中途半端が一番悲惨なのでご注意。
得たスキルポイントは全員共有なので慎重に分配しましょう。
ちなみに配分のやりなおしはできません。

スキル習得効果

<1.パラメータ上昇>
今作はレベルアップという概念が存在せず、
スキルレベルを上げる事によって能力を高めます。
各スキルにはどの能力をどれだげアップするかが予め決められていますので、
配分によっては力強い(術の使えない)紋章術士にすることもできてしまいます。

<2.クリエイト習得>
特定のスキルを覚えることによって『クリエイト』を習得します。
スキルで覚える『クリエイト』は全部で15種存在し、
主にアイテムを作ったり強化したりします。
そこまで実用性が無いのですが、もし早期から活用したい場合は
戦闘メンバーとクリエイトメンバーにわけるのも有りです。

<3.フィールドアクション習得>
『ダッシュ』や『泳ぐ/潜る』等、ゲーム攻略で役立つとなる能力を習得します。(プリシスは除く)
特定のスキルを一定レベル以上にするればよいのですが既に覚えているキャラもいるので焦る必要はありません。
例外としてセリーヌは中盤で『浮遊移動』というオリジナルFAを覚えることが可能です。

<4.必殺技・紋章術習得>
技や術は基本的に能力値が一定以上かつ特定のスキルを習得していることが条件となります。
能力値はいずれ上昇していきますがスキルは配分を失敗すると2度と覚えられないので気を付けましょう。

<5.戦闘効果等>
スキルにはコンボを繋げやすくする『連打』や、
アイテムの回復量が増える『道具知識』等、
覚えるだけで戦闘が有利になる能力が存在します。


カテゴリ相反性

スキルカテゴリは4種類存在しますが、
技術←→感覚  戦闘←→知識
と相反性を持っています。例えば「技術」をメインで育てると「感覚」はろくなものを覚えません。
結局4種類のスキルが用意されていても、2種類しか強化できないのです。
ただ、これにも抜け道があって、犠牲になる種類のスキルも優秀なのをいくつか覚えることができます。
詳しくは下記のスキル習得条件で説明していきます。


スキル習得条件

まず初めに画面の説明です。これは説明書の表記通りですね。
①全スキルレベル…キャラクターが習得しているスキルの数
②スキルポイント…ストックしているスキルポイントの数値。全キャラで共用。最大値は65535
③BALANCE…各カテゴリをレーダーグラフで表記。最初は尖がらせて最後に台形なるのが理想。
④習得難易度…1は絶対習得。2~4は相反スキルの状況によって習得できなくなる。
⑤スキル名…習得しているスキル
⑥スキルLV…現在のスキルレベル。最大はLV10
⑦SP…次のレベルに必要なスキルポイントを表記。LV10の場合は★★★


次に、スキルは下記の2式を満たさないと習得することができません。

習得最速レベル≦同スキルの平均レベル…【1】
相反スキルの平均レベル×難易度≦同スキルの平均レベル…【2】

【1】は平均値を上げればいいので無害です。
しかし、【2】はなんとなくわかると思いますが
どちらかのカテゴリは犠牲になるよう仕組まれています。
中途半端に育てるとどっちも微妙なスキルしか覚えられない状況に…

実際にプリシスを例にスキルを覚えさせてみましょう。
右図はプリシスのカテゴリ別 スキル表の一部です。
(各キャラクターごとに順序等が違います。)

覚醒を覚えさせるにはどうしましょう?
簡単に感覚スキルだけレベルを上げれば
平均LV10の時点(【1】)で習得できます。

しかし、この後技術スキルを覚えようとしてもLV1しか覚えません。
【2】に値を入れてみると
感覚平均LV10×2~4≦技術平均LV20~40
という結果が出るからです。10より上の平均値は無いですからね…

プリシスのカテゴリ別 スキル表
習…習得最速レベル 難…習得の難易度
技術スキル
-クラフト2
1工作技術1
2機械操作1
2科学技術2
3製図1
4デッサン2
5コピー2
6分析1
7アルケミー3
8包丁1
感覚スキル
-遊び心1
2根性2
2美的感覚1
3忍耐1
4電波1
5努力3
5目利き1
6耐性2
7危険感知2
8機能美3
9身体感覚1
9エンドルフィン2
10覚醒4
では、どうすればいいのか。先に犠牲にする予定のスキルカテゴリをちょこっと上げておけばいいのです。
ちょこっと上げると相反スキルの平均値は上がってしまうのですが、【2】から逆算して
技術平均LVX×難易度4≦感覚平均LV10
X≦2.5
という結果が出るので、技術スキルを先に平均LV2.5まで上げても感覚スキルは影響なく全て覚えられるのです。
(勿論やりすぎで平均LV2.5を超えた場合はダメですが。)

この場合、プリシスは「工作技術」「機械操作」「科学技術」まで先に覚えておくことができ、
その中でも難易度2の「科学技術」だけ特をするという小さな結果しか残りませんが
アシュトンやクロードはこういう作業をしておかないと技を全て覚えることができません。
特にボーマンやノエルは初めに難易度の高いスキルがあるので他のキャラよりも多くスキルを覚えます。


結論

1.メインにするカテゴリを2つ決めておく。(前衛は感覚・戦闘、後衛は技術・知識が一般的)
2.相反カテゴリのスキル平均値を先に2.5にしてしまう。【重要】
3.メインカテゴリ2種のスキルを全て習得させる。(2種が尖ったレーダーグラフになる)
4.最後に相反カテゴリのスキルのレベルも上げる。(台形のようなレーダーグラフになる)

ということとなります。お疲れ様です、なかなか面倒なシステムですよね…
毎度考えるのも面倒ですから、キャラクターの項目に独自のオススメスキル配分を掲載していますので
それを参考にしつつ育ててみて下さい。お役に立てれば幸いです。